先輩の声 - 営業

利用者さまの“できる”を
サポートし応援する

営業部望月 陸

2018年4月入社 正社員

私は、この仕事は高齢者の方々の〝できる″を応援する仕事だと考えています。
昔できたことができなくなってしまい、手すりがあれば、杖があればなど、少しの助けがあるとできるのにと考える方を福祉用具で応援していると考えています。
私の初仕事は、ご自宅のトイレに手すりを設置する改修工事でした。利用者さま、ご家族、ケアマネジャーさん、大工さんと打ち合わせを重ね、着工しました。
完成後、利用者さまから「これで自分でできる」とおっしゃっていただいた際には、自分の仕事の意味を実感できました。

ナンブとの出会い

昔からおばあちゃん子だった私は、高齢者と関わる仕事をしたいと思っていました。
ナンブに就職を決めたのは、福祉用具はもちろん、その他多方面から利用者さまへのアプローチが可能だったことです。
福祉用具は種類、品数も非常に多く、覚えることも多いですし、利用者さまごとに状況が違い、最良のサポートを提案できた時には、最前線で活躍できていると実感しています。

人材育成に投資を惜しまない

学生の頃にもっと福祉・介護についてもっと勉強しておけば良かったと感じることがあります。しかし、ナンブには資格取得に対する報奨金制度や支援をしてくれる制度があり、人材育成に投資してくれる風土があります。現在、私は福祉住環境コーディネーターの資格取得をめざしています。一日も早く福祉用具のプロになり、利用者さまから「望月君に任せて良かった」と言われるようになりたいです。

オンもオフも人間関係は良好

疑問に感じたことはすぐに質問、相談できる環境です。
入社時から3ケ月間は、先輩にとにかくついて回る日々。先輩が利用者さまとの日常的な会話から今困っていることを聞きだし、解決していく姿を間近で見て、仕事を覚えていきました。独り立ちした今も、迷ったり悩んだりした際は先輩に相談に乗っていただくなど、良好な関係性を築いています。
また、課の仲間との飲み会や歓迎会などのイベントでは、みんなで盛り上がりリフレッシュできて楽しいです。

採用に関する
お問い合わせ