先輩の声 - 介護士

介護の仕事を始めて、
人と接することが好きになりました

介護サービス部
グループホーム奏 田町
岡田 奈都美

2016年4月入社 正社員

私は、介護職員として「グループホーム奏 田町」で働いています。
“介護の仕事は大変”というイメージがあると思いますが、それ以上に、利用者さまと接することの楽しさや感謝の言葉をいただいたときの嬉しさで、毎日が充実しています。この仕事にやりがいを感じ、介護を学ぶことへの意欲が高まっています。

ナンブとの出会い

現場見学に行った際に、職員も利用者さまも笑顔だったのが印象的でした。
「きっと楽しい職場なのかな」と思ったのと、一人ひとりの利用者さまに応じた介護の提供を考え、丁寧に対応されている様子を見聞きして、「ここで学びたい」と決意しました。

人と接することが好きになりました

これまで人と接することが苦手でした。しかし、介護の仕事を始め、様々な方と関わる中で、「自分の新たな一面を知る」ことができました。今ではそれが自分の中で刺激となり、人と接することが好きになりました。まだまだ介護士として未熟ですが、一人ひとりの利用者さまに最適な介護を考え、提供できるように心がけています。

充実の研修制度

仕事と並行して研修に参加し、資格を取得できます。施設内研修(介護福祉士実務者研修など)もあり、学べる機会がたくさんあります。資格取得の報奨金制度もあり、私は今、介護福祉士の資格取得をめざしています。これからも、日々向上心を忘れず仕事に励みたいと思っています。

頼れる先輩たち

先輩は皆さん優しく、コミュニケーションを積極的にとってくれるので分からないことも聞きやすいです。最初の頃は、失敗することもたくさんありましたが、どうすれば良いか、次に活かせるように実践してくれます。またその後も手順表の作成など、親身になって指導してくれます。
おむつを装着するのが上手くできず悩んでいた時に、先輩がその様子に気づき丁寧に教えてくれました。先日も上司の方に「仕事が丁寧で安心できる」と声をかけてもらい、信頼されていると実感できています。

採用に関する
お問い合わせ